選択のポイント

良い歯医者選びのチェックポイント

良い歯医者を選ぶ際に重要なのは「快適な治療を受けられるか」という点です。医師の腕はもちろんですが、「室内は空調施設の温度が適切で掃除が行き届いているか」とか「電話応対は適切か」など見るポイントはいくつかあります。 歯医者は診療報酬点数表に基づいて請求をしているので、「診療費をお得にする方法」はありませんが、保険診療で出来そうな治療をせずに保険の効かない治療を勧めていないかという点についてチェックをしておく必要があります。また治療を受けている間は患者と医師の距離が近くなりますので、口臭のない医師を選ぶようにします。歯科医院であっても自分の口の中の事はチェックできていない方がいるので、その点は注意しなくてはなりません。

説明をきちんとしてくれる歯医者

歯医者さんは長年の経験で「こういう状況だと何という病気」と言うのは分かりますが、患者や家族にはわからないものです。診断結果や今後の治療方針、価格などについてきちんと説明してくれる医師を選ぶと安心です。 「なぜ歯医者の治療が1回で終わらないか」というのは色々な理由がありますが、詰め物を技工士に作ってもらわなければならないからと言うのが大きな理由です。医師が自分で作る事が出来ればこの時間も短縮できますが、医師と技工士は違う免許であり、両方の資格を持っているという方は少ないのが現状です。 技工士にお願いしたら、何日くらいで詰め物が出来上がるのか、そしていつ自分の歯に補填するのかを患者サイドから聞かなくても話してくれる医師に治療をお願いしたいものです。