バレにくい矯正

裏側矯正は周りに気付かれずに

歯並びが悪くなっている人が増えています。 その理由は柔らかいものを食べる機会が増えているためで、顎が発達し難くなっていて、歯の生えるスペースが少なくなっています。 少ないスペースでも映える本数は決まっているので、歯がずれて生えてきて歯並びが悪くなってしまうのです。 裏側矯正は歯の裏側からワイヤーを通す矯正方法のことで、一番のメリットは周りの人からも気づかれずに矯正ができるということです。 矯正をするのには少しずつ歯を動かさなくてはならないので年単位という長い期間を掛けなければなりません。 今までは裏側矯正ができるところはまれでしたが、技術が進歩していることから裏側矯正をしている歯医者も増えてきています。

色々な矯正方法ができています

そのために見た目のコンプレックスを解消するために今までは歯の前面に器具を取り付けてワイヤーを通さなければいけませんでしたが、一時的に見た目が悪くなってしまうというデメリットがありました。 技術の進歩によりさまざまな方法ができるようになってきました。 裏側矯正もそのひとつですが、他にはマウスピースを使う矯正方法がります。 マウスピースは透明な樹脂を使って矯正するもので、取り外しができるというのがメリットです。 矯正するときには器具やワイヤーを取り付けることから口の中を衛生的に保つのが難しくなってしまいます。 マウスピースは取り外しができるので食事の時は外すことができるので違和感も無く、洗浄も簡単ということがあります。